<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

向原町 やすらぎで年末フェアが賑やか!!

f0095797_10493442.jpg


餅つきはみんなで唐臼を囲んでワイワイと賑やかたに

粘りの強い餅が沢山出来上がっている。





       
f0095797_16304445.jpg

館内では しめ縄 の実演中

藁を編んで色んな飾りを結んで大きな立派なしめ縄が

みるみる内にできて
見ていても楽しい。


食事所では炊き込みご飯やカレーやぶた汁が作られて
館内いっぱいにいい臭いがして,腹の虫も騒がしい~。


[PR]
by fayt2722 | 2006-12-24 10:49

トナカイとサンタが、吉田町のヤングインで クリスマス・ライブ。

今日は 吉田町のヤングインのホールトナカイがたくさんのサンタ を乗せて来た
クリスマスのライブコンサート、ミックスメロディさんの 冬物語のライブ 。
f0095797_22334274.jpg

ミックスメロディとは
ソプラノボーカル・ヴァイオリン・フルート・クラリネット・サクスフォーン・パーカッション・ピアノ
の、いろんな楽器がたくさんの楽しいグループだった。 

f0095797_22341959.jpg1部の演奏ではみなさんの
楽器紹介とソロ演奏があったり

パーカッションの紹介では
マラカスとかリオのカーニバル
で使われるカウベルという
名前だったか?
コーンの形をした楽器とか
拍子木のような楽器は空間を保って音が響くのだそうです。
そのほかベル、鈴とか色んな楽器の説明とかもあって楽しい勉強会になったり・・・
説明のあとはそれぞれの楽器を持ってのカーニバルのリズムはウキウキのブラジル気分。

f0095797_2235271.jpg

f0095797_22353817.jpg
演奏はだんだん盛り上がって
ヴァイオリンさんの髪が爆発したような
博士太郎のアフロヘアーを被っての
ペアーの変身!!

情熱大陸 の曲は
さすがに上手で軽快な演奏に
みんなノリノリのようだった。


2部ではかぶり物でトナカイやサンタさんに扮して、すっかりクリスマスのムードがいっぱい。

そして、ミックスメロディさんから子供とかみなさんに蛍光のペンライトや飴の
プレゼントがあって、子供さんがペンライトを曲に合わせて楽しそうに揺らしたりして・・・
音楽で親子が迎えるクリスマスは最高のプレゼントになったのではないだろうか。

f0095797_22371020.jpg
このホールで子供から大人、そしておじいさんやおばさんがみんな楽しく
暖かい気持ちが通う生の演奏はこのヤングインの広さがちょうどいい
そして、椅子も雰囲気に合って落ち着いて聴ける感じがする。

アンコールは 星に願いを だったかな?いい曲だった。

そしてコンサートが終って、会場の外でショートケーキをもらったり
たくさんのプロのミュージシャンのいい演奏を聴かせてもらって
そして、心が豊かになったりで・・・
これで500円(前売り券)は安い!というより大丈夫??という感じだった。

これからも、 あきたかた音楽広場 のイベントスケジュールを愉しみにしています。

こんないい演奏が安芸高田市の毎年のライブイベントで聴けるといことは・・・
そして、ずっと子供とおじいさんやおばさんの愉しめる場として続けられることは
大変素晴らしいことだと思う。


[PR]
by fayt2722 | 2006-12-23 23:56

もうすぐ正月!! 鏡餅をつく年末フェアイベント

12月もあと少しになった、今週24日(日) 向原町やすらぎ では
毎年恒例の年末フェアのイベントが催される。

f0095797_2237144.jpg

年末フェアは年の締め括りの行事で唐臼で 鏡餅ひら餅 をついたり
藁を編んで しめ縄 を作る実演があったり、販売もある。
(鏡餅やひら餅・しめ縄作り参加の予約の受付もあるそうです)

その他、バザーは 炊込みご飯 や大鍋で野菜たっぷりに煮込んだ
ぶた汁 がたくさん用意されている。
冬の寒い時期はぶた汁が美味しく体も暖たまる。

昔は正月前になると、どこの家でも足踏み唐臼で餅をつく音が聞こえたものだ。
餅を臼からとり出し、大きな餅板の上で家族みんなでいろんな話をしながら
餅を揉むのも楽しみだった。
今では大唐うすはなくなり餅つき機で食べたい時に作れるが
昔の正月行事のことが懐かしいく思い出される。

向原町の やすらぎ 近くを通られた時はぜひ寄ってみてください。

向原町農村交流館やすらぎ ; 0826-46-3987
(向原高校近く、川沿いの三角屋根の建物)


[PR]
by fayt2722 | 2006-12-20 22:39

囲炉裏のある民家、手打ち蕎麦と連凧 。

今日は安佐北区井原町にある 蔵ほたる のイベントに寄せてもらいました。

オープン2周年ということで 手打ち蕎麦連凧 をされるということでした
こちらの家は以前行った時、ご主人がいい人で
ゆっくり落ち着ける感じの良い処だったので、また伺いたいと思っていた。

f0095797_22454633.jpg

母屋の暖簾をくぐると暖かそうな 囲炉裏 の火が目に入った
炭の赤い火を見ていると暖かい気持ちで安らげる。
香ばしいお茶と牡蠣の炊き込みご飯がでてきた
牡蠣の味がよくしみたご飯、大変美味しくいただきました。

そして、ざる蕎麦をたのんでしばらく・・・
白くツヤツヤとした、こしの強そうな蕎麦が出てきた。
甘く蕎麦の風味がたっぷりで、新蕎麦ということでした!!。
蕎麦を打たれたご主人は高橋名人の直弟子さんといわれて
出張そば屋 県内各地に出掛けられているようだった。

囲炉裏の皿に揚げられたクアイのてんぷらも大変おいしく、栗の味がしていた。

f0095797_22464753.jpg


畑で連凧を上げられているというので外に出てみると
空に高く、次ぎ次ぎと繋がれて全部で180ヶ揚げられたそうだ
風をうけて"昇り龍"のようにうねったようすが大変勇ましい。
ロープを持たせてもらうと強いひきだった、自然のエネルギーを感じる。
連凧というのをはじめて見たけど自然と一体となるのいうのが
魅力なんだろうなぁ。


f0095797_2247317.jpg
その後、蔵の作品を見せてもらうと
草木染め・陶芸とかクリスマスのリースやアジアの絵とか
たくさんの展示があって大変興味を惹かれた。

f0095797_22505149.jpg



[PR]
by fayt2722 | 2006-12-16 23:57

水墨画 展示を終えて・・・。


展示の時にはいつも「芳名録」と「自由帳」を置いているのですが
今回の展示でもたくさんの人に書いていただきました。

「芳名録」には遠くは京都市の方、帰郷されて観てもらったのでしょうか
広島市、東広島市から、そして安芸高田市の多数の人
地元の人や、通りがかりに寄ってもらった人、知り合いの人 
その他、たくさんの人に記帳してもらいました。
芳名録に記帳はないけれど観てもらった方
みなさんありがとうございました

「自由帳」にはみなさんの感想や意見を書いてもらいました。

”趣のある画の数々で心が洗われました。ご活躍を願います。
”水墨画って素敵な作品ですね、田舎の香りがただよってきました。
”毎年展示作品を見させて戴いています、水墨画には何かホッとするものを感じます
  ホッとするひとときをありがとうございました。
”白黒も濃淡で素晴しい表現力をもつものですね。余白が生きていて感動しました。
  ・・・また来年、拝見させて下さい、楽しみにしています。
”心やすらぐ一息、すばらしかったです、・・・・・。
”自然を愛し自然に感謝の念があふれています、自然は神々であろうかと感じました。
”なんだか ほっとしますね。忙しい毎日、ちょっとこういう時間も必要なのかもしれません。
  私も水墨画をかいてみたいです。子供の頃、新しい筆を買う時、
  とてもわくわくしたのを思い出しました。・・・・・
  みんなやさしいすばらしい作品ですね。

   そのほか、子供さんからお年寄りの人まで、たくさん感想や絵なども書いてありました。
        
お会いしたことはないけれど・・・
心からのありがたいお言葉をいただき、ありがとうございました。
私達も感想を書いていただいた方々と同じ気持ちで描いています。
たくさんのみなさんにささえられていることを感じ、大変嬉しく思いました。

これからも、私達自身たくさんの素晴らしい出会に、喜びと感謝を想い
もっともっと感動をお伝えすることができるよう、がんばりたいと思います。


[PR]
by fayt2722 | 2006-12-10 22:27

BIG BAND ジャズコンサート

昨日はゲバントホールで開かれた BMS ビッグ・バンドコンサート に行きました。

会場は1階・2階とも満席、多くのJazzファンで一杯でした。

f0095797_234354.jpg

B.M.S. Jazz Orchestra のメンバーは
トランペット、サックス、トロンボーン、ドラムス、べース、ギター、ピアノ、パーカッション
と総勢約30人の超豪華でテクニック抜群の最高のメンバーでした。
このような大迫力で、深く重みのある生の大演奏はめったに聴くことはできません。

f0095797_2351587.jpg

Jazz のスタンダードナンバーからコンテンポラリィーな曲
アップテンポからスローな曲、そしてクラッシックをアレンジした曲まで
1部、2部に分けて、間には女性・男性ボーカルの歌あり
全25曲の演奏でしたが、どの曲を聴いてもそれぞれ
愉しい趣向がふんだんにあって、内容の濃いコンサートでした。

f0095797_2353917.jpg

MCのユーモラスなB.M.S.のメンバー紹介や曲紹介もエピソードを加えて
Jazzを親しみやすく解説してもらって勉強になりました。

プログラム最後はSaxパート全員スタンディングによる ” Sax No End ” の曲
大きな拍手となり、アンコールへと・・・


f0095797_2361013.jpg

締めくくりは、おなじみの Take the "A" Train で終わりとなりました。

午後2時の開演から3時間が経っていましたが
時も忘れるくらい素晴らしい演奏が続き、充分に楽しめました
まだまだ聴いていたい気持ちも残っていますが・・・。。。

次回は、来年4月 廿日市 さくらぴあ でのコンサートということで、しばしおあずけです。


[PR]
by fayt2722 | 2006-12-04 23:14