夏を涼しくクールビズ、水墨画展にどうぞ。

久しぶりの投稿になります。

Re安芸高田を見れば、みなさんの更新の底に埋もれて
化石寸前になっておりました。

先月から今月へと展示あちこちで
6月中旬 【甲田町パルパ】水墨画サークル展示
7月初め 【野依織工房】 向原の物作り5人展 など

そして今、【市民ギャラリー向原】で個展をしております。

f0095797_8271015.jpg

f0095797_8273771.jpg
今回の展示は、今まで県立美術館で毎年開かれる社中展に出した作品や
雲海の風景、「かたくりの花」など田舎をテーマとして描いたもの
墨模様の作品など大小10点ほど展示しております。

f0095797_828018.jpg
今までの展示で、「白黒の絵なのに色が見えてくる」と言って
もらったこともありました、そのように感じてもらえるのは
大変嬉しいことです。
ぜひ墨色の濃淡の色変化で涼しくなってもらえればと思います。

f0095797_8281924.jpg

f0095797_83918.jpg
隣り部屋では

向原町で生まれ、一度は東京で画家活動をされていたが
郷里の地で描くことが自分にとってはふさわしいとの思いで
晩年まで生家をアトリエとして描き続けられた日本画家
「野に生きる画家、和高節二」の常設展があります。

農村に生きる素朴で逞しく温みのある人たち、そして風景や牛など
田舎の空気や、土の匂いを感じる作品をご覧ください。

【現在、広島県立美術館では8月17日(日)まで和高節二所蔵展開催中です
 襖や屏風などに描かれた大作品が展示されていますので、ぜひどうぞ】

日 時 : 6月27日(金)~8月31日(日)
       AM10:00~PM4:00 /金.土.日曜日.祝日のみ開館 (入場無料)
場 所 : 市民ギャラリー向原(向原支所3階)
       県道37号、広銀交差点近く

広島ブログ
[PR]
by fayt2722 | 2008-07-26 08:55
<< ジャズ・ナイトを、一人じめで愉しむ。 甲立高原エンジェルマーケットの余韻。 >>