書と墨のアートの世界 竹澤丹一展 始まる。

先週、書道家の三好先生から展示案内をいただいた。
(先生は以前、八千代町 ”四季の里” で展示をされたこともある)
f0095797_1030422.jpg

明日12日から 生誕100年記念 竹澤丹一展 が始まるそうです。
竹澤先生の展示会は何度か観させてもらったことはあるが
書・画・墨・色とさまざまな墨色・作風にエネルギッシュに挑戦されて
一点・一点の作品は大変見応えのあるものでした。
広島大学の教授をされ、前衛書道を広島に導入されて
新しい美術教育の発展に尽力されたと紹介されている。
今回の展示は、同展賛助"太陽社同人展”ということで
三好千津子、三好尚美 両先生の他、著名な先生方の作品が
多数展示されているようです。

日時 : 2月12日(月)から2月18日(日)
会場 : 広島県民文化センター 地下展示室(全室)


[PR]
by fayt2722 | 2007-02-11 10:30
<< ”中国女子楽坊”悠々の響き、妙... いい日和、野依織工房の展示を訪れた。 >>