広島彫刻会の作品 展示中!!

f0095797_2314759.jpg「広島彫刻会展」 が 県立美術館地階  県民ギャラリー で 9月17日(日)まで開かれている。

彫刻展といっても一般的な木彫り作品展というイメージとは違い絵画の平面に対する、造形・立体といった感じである。

幾何造形物を金属や木などで創作した作品、自然物をコーディネイトした作品などの     現代アート作品。

そして、従来からの素晴らしい工芸的な彫刻作品や人物立像の作品も多数ある。





立体はアーティストの創造性を強調された,個性的な作品が多く
等身大の異次元を体感できるのも楽しい。


また、色んな方向・角度から観ることができ、観る人の感じ方により
それぞれ違った作品の捕らえ方もできる。

アートの分野では観る人・創る人がともに一番愉しめる分野だと思う。

我が美術会から田川先生、北川氏、反田氏が出展している
今年はどんな傑作作品がでているか楽しみだ。

いつの日か、も挑戦してみたい気がする。

(田川先生、事務局のお世話お疲れ~でした!!)


[PR]
by fayt2722 | 2006-09-13 23:43 | アートあれこれ
<< 秋を彩る花 毎日書道展、席上揮毫 風景 >>